KOZU虹の会第9回

第9回虹の会集合写真

カテゴリ:

2017.09.30

平成25年、還暦同窓会開催を期に始まった高津高校OBのゴルフコンペ「KOZU虹の会」。平成29年9月24日(日)で、早第9回目を迎えました。 今回も24期生の精鋭20名が、奈良の飛鳥CCに集結。 歳はとっても若い頃のゴルフが忘れられず、たまに出る(笑)豪快なティーショットに喜びを見出すメンバー、少々飛距離は落ちても正確なショットと円熟の小技を駆使してスコアメイクに励む「上がって何ぼ」組、スコアはさておき、とにかく皆とわいわい楽しむことに徹しているらしいメンバー、週に3日仕事が休みの日はほぼコースに出ているというゴルフ求道者まで、様々な個性的面々が、いつものように楽しい時間を過ごしました。 前々回よりコンペ形式は、独自の「虹の回ルール」としています。 「虹の回ルール」とは、12の隠しホールのスコアを基にハンディーキャップを算出して、順位を決めるダブルペリア方式ではありますが、隠しホールかのスコアから算出されるハンディーキャップ計算時に、八掛けをせずそのままの数字を採用、さらにハンディーキャップの上限も何と55までかさ上げして、誰もが優勝を狙える形式となっています。 たとえば、グロスで120叩いたとしてもうまくハンディーキャップがはまって50ともなれば、ネット70で充分に優勝を狙えるというわけです。ゴルフに一家言ある人からすると、たぶんひんしゅくを買いそうなルールではありますが、ホールアウト後のスコアを眺めてみても、果たして誰が優勝するか全く予想がつかないこの珍ルールを皆で楽しんでいます。 今回はと言うと、ベストグロスでホールアウトしたメンバーが、隠しホールもうまく味方につけて、何とネットスコア65で見事優勝。やはりこの「虹の回ルール」、蓋を開けてみなければわかりません。 そんなわけで、優勝者とBB賞、2名の幹事も決まり、次回の日取りをとりあえず決めて散会。 さて記念すべき次回第10回大会は、果たしてどんなドラマが待っているのか、今からわくわくです。 参加の皆さんご苦労さんでした!  

続きを読む

大阪府立高津高校 創立100周年プレ記念コンサート

カテゴリ:

2017.05.26

母校の高津高校が2018年に創立100周年を迎えるため、様々な記念行事が企画されていますが、母校体育館に2017年5月14日にジャズピアニストの大塚善章氏を招き、記念コンサートが開催されました。 1934年生まれの大塚善章さんは高津高校の卒業生で、何と高校在学中に母校の校歌を作曲したという人物で、83歳になった今でも現役のジャズピアニスト・作曲家・音楽プロデューサーとして、幅広い活躍をされています。 今回は、大塚善章さんのジャズクインテットの演奏に加え、母校在校生のアンサンブル部、及び吹奏楽部とのコラボレーションが実現しました。   クインテットの演奏の中でも、大塚善章さん作曲の壮大なピアノコンチェルト「上町台地2004」は故郷大阪への想いを謳いあげる感動的な楽曲でした。 そして、そのクインテットの円熟のステージは元より、関西ジャズ界の重鎮と夢の競演、という又と無い機会を与えられ、一生懸命練習を重ねてこの日を迎えたであろう在校生諸君の熱演にも心に響くものがありました。 今後、この経験を糧に、在校生の中から大塚さんの背中を追いかけるようなビッグなミュージシャンが育ってくれれば嬉しいものです。 素晴らしい企画を実現していただいた記念事業実行委員会の皆様に感謝、感謝です。  

続きを読む

KOZU虹の会

第5回虹の会

カテゴリ:

2015.10.01

9月27日(日)、古都奈良の飛鳥カンツリーに高校時代の同級生21人が集結。 高津高校24期の24からヒント得て「虹の会」と名づけたこのコンペも、この日で5回目を迎えました。皆と顔を合わした瞬間から一気に40年以上前にタイムスリップしてしまう感覚は、同窓会ならではですが、ただ昔を懐かしむだけではなく、かって同じ時間と空間を過ごした仲間同士が再会し、今現在何を考え、どんな風に日々を過ごしているかを語りあう事が、これからの互いの人生を豊かにしてくれるような気がします。 ゴルフの腕前のレベルも、性格も、職業も、まさに多士済々の面々ですが、大の大人が小さなボールの行方に一喜一憂しながら、少年のようにわいわいがやがや、いつものように、あっという間の一日が過ぎていきました。 今回は前回ホールインワンを達成したメンバーの厄払いも兼ねたご好意により、コンペの参加費は無料となり、優勝からBM賞にいたるまでいつもとは一味違って豪華賞品が充実、また「虹の会」の名とホールインワン達成メンバーの名などを記した特注のゴルフマーカーが全員に配布されるなど、プレー後の表彰式も大いに盛り上がりました。 競技方式は、第1回目から一貫して「ペリア方式」を採用、18ホールの内、隠しホール6ホールの結果で各々のハンディーが決まってしまうので、ギャンブル性抜群です。隠しホールでそこそこ多く叩いてハンディーを多くもらい、その他のホールでいかによいスコアを出せるかの勝負となるので、腕前だけでなく、運を味方につけなくては上位入賞できない仕組みとなっています。今回も、上手に運を引き寄せることが出来たメンバーが、まんまと上位を占めました。         半年後の再会を誓い、次回ホールインワンを達成したときに備え、みんな保険に加入することにして(笑)散会しました。虹の会メンバーの皆さん、24期幹事の独断と職権で写真を公開させていただきました。どうかお許しのほどを!!    

続きを読む